JUIDA認定ドローンスクール 日本ドローンアカデミー 名古屋校JUIDA認定ドローンスクール 日本ドローンアカデミー 名古屋校

受講生募集中

Supported by Neos Corporation

ABOUT 日本ドローンアカデミーについて

スクール開講にあたって

近年のドローンの高性能化と、その普及によって、最近はテレビや映画において空撮の映が多く使われるようになり、映像表現の幅が非常に拡がっております。
そんな流れの中、ドローンの飛行に関して安全の不安の声があることも事実です。そこでドローンを安全に飛行させるための知識と操縦技術をもち、また飛行業務の安全を管理する人材を養成するべく、本スクールを開講いたします。
『日本ドローンアカデミー』は、安全・安心にドローンを運航する知識や技術はもちろんのこと、空撮などにおける、様々なノウハウを現役のドローンオペレーターから直接教わることができる現場目線のドローン操縦者養成スクールです。

カリキュラムの中には、座学や飛行実習の講座以外に、最高の空撮ロケーションの元で行う「空撮実習」を用意しております。

FEATURE 日本ドローンアカデミーの特徴

空撮をはじめとしたドローンの活用人材の養成

LECTURER 講師

山﨑英紀

山﨑英紀担当講座:
座学全般・実技全般

JUIDA認定講師、カメラマン、空撮オペレーター、第一級陸上特殊無線技師、国土交通省東北地方整備局UAV 活用官民協力事業者

D-REX (無人航空機災害時支援協力事業体) 代表
東京写真専門学校(現東京ヴィジュアルアーツ)卒業後、ビデオプロダクションを2社経て、平成4年8月からフリーランスとして、(株)共同テレビジョンに勤務。
主にフジテレビの報道・情報番組の撮影、中継、空撮業務を請け負う。
2016年5月より「日本ドローンアカデミー」でJUIDA認定講師として活動、さらに横浜市青葉区で「ドローン・サーキットSPLASH」を運営。
報道カメラマンの世界で空撮のオペレーションを行う。飛行経験も豊富で若手カメラマンへの指導も行い、ドローン業界で幅広い人脈を持つ。ドローンレースドバイ国際大会日本代表( チームFPV ロボティクス) にも参加。

SCHEDULE スケジュール

10月度 ドローン操縦士コース (定員10名)

無人航空機を安全に飛行させるための知識と操縦技能を身につけます。
本コースを受講することで、修了者には、JUIDAが定める申請手続きを行えばJUIDA『操縦技能証明書』が交付されます。

  • 開催日時:2017年10月17日(火)〜 2017年10月20日(金)
  • 座学:10/17(火)10:00~18:00
    全トヨタ労連研修センター「つどいの丘」愛知県豊田市西中山町清水口133 番地

    地図を見る

  • 実習:10/18(水)~10/20(金)10:00~17:00
    全トヨタ労連研修センター「つどいの丘」愛知県豊田市西中山町清水口133 番地

    地図を見る

ドローン安全運行管理者コース

操縦技能コースの修了者は、本講習を受講することにより無人航空機の運航に関わる十分な安全と法律の知識、並びに飛行業務の安全を管理する知識を学ぶことが出来ます。
修了者には、JUIDAが定める申請手続きを行えば、 JUIDA『安全運航管理者証明証』が交付されます。

  • 第1回

    詳細はお問い合わせください。

TRAINING PLACE 実技実習場  全トヨタ労連研修センター「つどいの丘」

研修センター「つどいの丘」

屋内実習会場体育館の屋内練習場です。
天候に左右されることなく、マニュアルでの実技講習を行うことができます。

屋外実習会場

屋外実習会場屋外実技講習は、野球グランド2面で行います。
広い空の下、思い切り飛行を行うことができます。

CURRICULUM カリキュラム

座 学 無人航空機UAS概論 歴史・機種・飛行原理など 1コマ(60分)
関連法規・安全ガイドライン 航空法はじめ各種法律と安全ガイドライン 1コマ(60分)
自然科学 気象・電磁波 1コマ(60分)
技術 機体の構造・制御技術・GPS・通信 1コマ(60分)
安全運用 安全対策・点検・整備など 2コマ(120分)
実 習 飛行実習 実機を使った飛行実習 3日間
試 験 筆記+実技

・座学は講習初日に行います。 ≪10:00~18:00(休憩含む)≫

・座学での教科書はJUIDAの提供する教材を使用します。

・試験に合格し交付条件を満たしたものが、JUIDA証明証の申請を行えるものとします。

受講料285,000(税別)

※受講料に含まれるもの:教科書、自宅練習用ミニドローン、筆記・実技試験料

※実技講習用のドローンは全てこちらで用意いたしますので、購入やレンタルの必要はありません

※JUIDA証明書の申請手数料は受講料に含まれません。

CURRICULUM カリキュラム

ドローン安全運行管理者コース

座 学 安全の定義 機体の安全、操縦の安全、運用体制の安全
航空の安全3原則 改正航空法の安全の考え方
改正航空法に見る社会が許容するリスクレベル 飛行禁止空域、飛行の方法など
安全管理者とは? 安全管理者が必要な理由と航空法的な事情
3原則の中のリスク(ハザード)の把握・知識 要素技術・要素部品、気象、飛行原理由来などのリスクについて
リスクに対する安全管理の手法 安全管理の仕組み、目的の明確化、目標設定など。

・座学での教科書はJUIDAの提供する教材を使用します。

・試験に合格し交付条件を満たしたものが、JUIDA証明証の申請を行えるものとします。

・本コースはJUIDA認定校の操縦士コースの修了者が受講することができます。

・本スクール以外の修了者も受講可能です。

受講料60,000(税別)

※受講料に含まれるもの:教科書、筆記試験料

※JUIDA証明書の申請手数料は受講料に含まれません。

AFTER SUPPORT 卒業後の業務支援

卒業生には、日本ドローンアカデミーを運営するENBUゼミナールやPicot Japan ㈱そしてグループ会社などにより身につけた技術を活かせる場などを提供します。

身につけた空撮技術を活かす場を提供します

日本ドローンクラブ

卒業生は無料で入会できます

卒業生が集い、楽しめるイベントや企画を提案します